スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気ブランという日本のリキュール

denkiburan
今月は明治の香りがする「電気ブラン」を入荷しました

以下出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
当時電気が珍しかった明治時代に誕生した、ブランデーベースのカクテルである。名前の由来は、その頃最新のものに冠する名称として流行していた「電気…」という形に、ブランデーの「ブラン」を合わせたものである 。電気ブランは、その度数の高さ(当時は45度)で口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気はかなりのものだった。ただし発売元の合同酒精では、電気ブランという名称の由来は「電気との言葉がひどくモダンで新鮮に響いたから」とし、「口の中が痺れるため」というのは否定している。電気ブランには、名前の通りブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、そして薬草が配合されている。材料の詳細、配合の割合は今も秘密にされている。

度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類がある。神谷バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしている。


今年は日本のお酒を旅しています。飲んだ感じは養命酒に似た感覚です、薬草のせいでしょうか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ippo71

Author:ippo71
〒859-3215 長崎県佐世保市早岐1-4-11-2F
電話0956563707 20:00 open - 3:00 close
不定休

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。